老人医療に関する問題

自信を持っている医者

少子高齢化社会は先進各国すべてが直面している課題です。
先進各国では長寿化が進行しており、医療技術の発達も手伝って、平均寿命が劇的に延びています。
先進各国の中でも一際長寿化が顕著なのが日本です。

医療技術も発展しており、高品質な医療施設とサービス、安心安全な医薬品が揃っています。
食べ物や水、空気、社会的な環境も世界に誇れる高水準を維持しており、今後も日本人の長寿化が進むと予想されています。

一方で懸念されているのが老人医療に関する問題です。
長寿化自体は嬉しい出来事ですが、現代の日本は逆ピラミッド型な形で世代が構成されています。
年金制度に代表される通り、ごくごく僅かな若年層が大勢の老人を支える図式になっており、いわゆる昭和の時代とは真逆の構造となっているのです。
老人医療費は人口に比例し、右肩上がりの増加を続けています。
また高齢者世代には特別な医療費の補助がありますので、個人がお薬代を満額負担する必要はありません。
低所得者層であれば、そういった助成は必須です。

しかし、富裕層や豊富に財産を貯めている老人世帯も、一律で補助がなされており、若者世代との医療費格差が非常にアンバランスになっているのです。
また医療施設を些細な体調不良で受診する人々も増加しました。
病院をたまり場にしている老人は昔から一定数いましたが、近年では老人世代の数が倍増しており、病院側は毎日やって来る比較的元気なお年寄りを相手するだけで精一杯になっています。
更に老人世代の多くが僅かな体調不良でも医薬品を受け取る事を希望するため、国民全体のお薬代が年々上がってきているのです。
そしてその負担は低賃金で働く若年層に覆いかぶさっており、リタイヤした老人は元気で病気知らずです。
更に負担はほとんどゼロでオーケー、対して若者はうつ病や過労に苦しみながら、負担は重い、といった世代間の不平等感が少子高齢化社会によって定着しつつあります。