• ホーム
  • 生物学的製剤の高額な医療費に関する問題

生物学的製剤の高額な医療費に関する問題

病院の廊下

病院の会計で「本日のお支払いは3万円になります」と言われたら、どのくらい素直に払える人がいるでしょう。
「すみません。持ち合わせがないのでATMで引き出してきます」と言わなければならない人が多いかもしれません。
こんなに高額になるだなんて、いったいどれだけ検査をしたのだろう、と思うかもしれませんが、関節リウマチや膠原病で生物学的製剤を使っている人は、毎月これくらいの金額を病院の会計で支払っています。
リウマトレックスなどの抗リウマチ薬を使っても病勢のコントロールが難しい場合に、早期に生物学的製剤を使うことで関節破壊を防ぐことができます。
しかし、この生物学的製剤がとても高額なのです。

レミケード、エンブレル、ヒュミラ、アクテムラ、オレンシアなどがありますが、いずれも3割負担で1本1万8000円から4万円ほどの金額です。
会計で支払う医療費は、これらの薬代だけではありません。
これに加えて、検査代やその他の薬代、診察代などが発生するために、1ヶ月の医療費は2万500円から6万円ほどになることもあります。

病気そのものの大変さや苦痛よりも、医療費を支払うたびに「とんでもない大変な病気になったもんだなあ」「医療費の多さがストレスになって、それが病状を悪化させているのではないか」などと、多くの人は異口同音に言います。
「頑張りたい時に頑張れるように、生活の質を上げられるように」と主治医に言われて、生物学的製剤を使うことを決心したのです。
しかし中途半端に働くよりは、一層のこと生活保護を受けた方が医療費の支払いも免除されるし楽かもしれないと考える人も少なくありません。
「何の為にこんな高価な薬を使っているのか、自分はいったい何を頑張っているのか、治療費を稼ぐために頑張りたいわけではないのに」と虚しくなるようです。